Phrase of the Month

最近、ぐっと来たフレーズをお届けしましょ。

☆その1
まだ少し、いましばらくは大丈夫とおもいながら二人とも現実に戻ることを恐れている。
目を覚ますと別れという現実が待っているだけに、いまいっときの仮眠に身をまかせ、必至に目を覚ますまいと努めている。
だがその逃避にもおのずからかぎりがあり、いつか現実に戻らねばならぬときがある。


                                   「うたかた」 渡辺淳一


☆その2
人生、とくに男と女の間では、出会う順番が大きな意味を持っているような気がします、

                                     「化身」 渡辺淳一


☆その3
「君の言う通り。僕たちはずっと一緒だったのかもしれない。僕はいつだって君のことを考えていた。二人は別々の世界で生きてきたがやはり強く繋がっていたのだろう。強く繋がっていた。」
「ありがとう、来てくれて。これで私の人生に意味がついた。」
「ああ、僕の人生にも意味がついたよ。」


                                「サヨナライツカ」 辻仁成

☆その4
恋焦がれて見た夢は あなたとの日々
寄り添えないのに側にいる
それが一番 辛かったの


                                「恋焦がれてみた夢」 絢香


☆その5
NEVER SAY "NEGATIVE"

                                「COPY THAT」 安室奈美恵


☆その6
「うん。ベストの相手が見つかったときは、この人に違いないっていう明らかな証拠があるんだ。」
「それ本当?」
「たぶんね。だってそうじゃなきゃ誰がその相手か分からないじゃないか」
「だからみんな相手を間違えてるんじゃないの?」
「そうじゃないよ。みんな徹底的に探してないだけだよ。ベストの相手を見つけた人は全員そういう証拠を手に入れてるんだ」


                              「ほかならぬ人へ」 白石一文


Take It Easy!
[PR]

by alohaheaven | 2010-01-31 21:26 | 徒然に