久しぶりに映画

奥様代官様はお仲間と食事会。
で、昨日は一人で映画。
”ディパーテッド”にしようかとも思ったけれど
ほんわかした気分になりたくてこっちにした。

「”幸せのちから”を1枚」
シネコンのカウンターで口にした”幸せのちから”の響きのいいこと。

幸せのちから
実話らしい。
舞台は1981年のサンフランシスコ。
妻を失い、家を失い、仕事も壁にぶつかる男(ウィルスミス)。

(ロバータフラックが歌う”明日に架ける橋”がせつない・・・)

手元に残されたものは21ドルと
自分を信じてくれる息子(ジェイディンスミス←なんとウィルスミスの実子!)。
そして、幸せを掴むために賭けた最後のチャンス・・・

そしてとうとう掴んだよろこび。
爆発的な喜びではないけれど
駆け抜けた半年間を思い出し、拳を握りしめた姿が印象的。

毎日の寝場所を確保するだけでも大変ななか、
半年間も走り続けることができるのだろうか。
それもこれも、自分を信じる人がいるからこそ。
それが、幸せのちから。

ちょっと乾いたこころがじんわり潤う映画でした☆

alohaheavenの幸せのちからは・・・

奥様代官様や姫、天使たち

そして、 ハワイの風
そして、ここで出会った ブロガーの皆様
あ、美味しい 御馳走やビールもっ!

なんかいっぱありすぎかなぁ☆

Take It Easy!
[PR]

by alohaheaven | 2007-02-18 10:14 | MOVIE